介護施設スマホ連携で業務が変わる
スマートフォン連携とは

スマートフォン連携とは

スマートフォンをナースコールと連携することで、スマートフォンでナースコールの確認、内外線通話などが可能となります。眠りSCANとの高品質連携も可能です。
スマートフォン連携とは

ナースコールをあんしんキャッチ

アプリのプッシュ通知対応でスマートフォンの電波環境や端末の状態による「電波切断」の不安を解消しました。
※お知らせする必要があるときにアプリの側から自動的に、表示や音で通知する機能。アプリを常時起動しておく必要が無く電源消費を抑えます。
眠りSCANとナースコールの連携で高品質スマートフォン連携を実現。

スマートフォン連携で出来る事

居室からの呼出しに応対

居室からの呼び出しに応対

居室の呼び出しボタンを押すとスマートフォンを呼びます。スマートフォンには部屋ナンバー、浴室、トイレなどが表示され、呼出し場所を特定できます。また居室との音声による通話も通話用の装置を付けることで可能です。

居室からの呼出しに応対

アプリのプッシュ通知に対応

アプリのプッシュ通知対応により常にアプリを立ち上げ確認する必要がなく、VPN(4G環境利用時)を使う必要がないため、電波環境や端末の状態による「意図しない切断」の不安を解消し居室からの呼出に精度の高い受信が可能です。

居室からの呼出しに応対

クラウド電話帳に対応

アプリのクラウド化によりクラウド電話帳に対応することで、多台数でのスマホ運用時に課題となる電話帳運用の管理を効率化。また、クラウド上で電話帳データを運用することで端末紛失時の情報漏洩などセキュリティリスク軽減も可能です。

スタッフ間の内線通話

スタッフ間の内線通話

スタッフステーションのナースコール親機や電話機、巡回中の別のスタッフのスマートフォンと内線で相互に呼び出し通話することが可能です。

施設外への外線通話

施設外への外線通話

スマートフォンからの外線でも施設の電話番号で発着信をすることが可能です。また内線通話・着信転送は施設の通話環境を利用して発信するので、通信料も削減できます。

介護記録の管理

眠りSCANとの連携※1

眠りSCANが感知した入居者の状態通知をリアルタイムにスマホで確認。通知を感知するとアプリを立ち上げてなくてもプッシュ通知でお知らせします。

発着信イメージ

発着信イメージ図

スムーズな介護を実現

内外線でスムーズなスタッフ間の連携

内線外線を使用し、スムーズな連携が可能

スマートフォンで居室のナースコール呼出しの応対やナースステーションの固定電話、巡回中のスタッフの電話を内線で呼び出せるのでスタッフ間の連携が取りやすくなります。

内外線でスムーズなスタッフ間の連携

居室からの呼び出し状況をスマホに表示

入居者の呼出しや、眠りSCAN連携で入居者の状況をスマ―トフォンの液晶画面に表示します。巡回中のスタッフが表示を確認してリアルタイムに対応でき
履歴も表示されますので対応漏れも軽減できます。

データー管理で介護品質の向上が実現

プッシュ通知とリトライ機能で漏れを防ぐ

アプリのおしらせ通知とリトライ発信で介護中など手が離せない時・一時的に電波が途切れて受信できない時などのリスクを軽減。アプリはクラウド型なので常時起動させておく必要はありません。

データー管理で介護品質の向上が実現

データー管理で介護品質の向上が実現

スマホひとつで介護記録のリアルタイム入力が可能。申し送り漏れや、作業の漏れを防止。データーとして残るうえにリアルタイムでデータの共有ができるので履歴の管理がスムーズに介護業務の品質向上につながります。

連携例構成イメージ

連携例構成イメージ

2分で分かる「ナースエコール」ご紹介動画

 
お問合せ
  • ※1掲載機能は他社連携も含みます。
2021/9/03

「CareTEX 大阪 21」 第6回介護施設産業展に出展いたします。

開催: 2021年10月27日(水)~29日(金) インテックス大阪

2021/7/14

「CareTEX One 横浜 2021」ご来場いただきありがとうございました。

開催:2021年7月13日(水)~14日(木)横浜産貿ホール マリネリア

2021/3/19

「CareTEX東京 2021」東京ビッグサイト(青海展示棟)にご来場いただきありがとうございました。

開催:2021年3月17日(木)~19日(金)東京ビッグサイト(青海展示棟)

TOP